結婚報告をしよう

会社への結婚の報告の辛さ

結婚が決まったら嬉しいことばかりと思いきやそうとはかぎりません。
会社に結婚の報告が必要であり、これが苦痛という人は意外といるものです。

結婚が決まれば結婚式と新婚旅行とで仕事を休むことになりますし、場合によっては式準備や新生活準備で仕事を休むこともあります。
更には人によっては新郎の仕事の都合で会社を辞めなければならないこともあります。

会社が忙しく人が足りてない場合、自分が抜けることを伝えるのはとても勇気が必要です。
そして、職場内の人間関係が悪い場合には報告することで気まずい思いをこともあるのです。
せっかくの良い報告なのにこのようにあまり良い気分になれないこともあるのです。

結婚報告の時期

結婚の報告は結婚が決まれば早い方が良いです。
ただし、あまりにも何にも決まってないところで報告してもその後のスケジュールが詰められないので式の日取りまでが決まったら報告するのが望ましいです。

そこで、会場が決まり、指揮の招待客が決まってからの報告がベストです。
多くの人たちが結婚式場を決めるのは式の半年前あたりです。
その時期であれば式が終わってまもなくで会社を辞めるとしても、すぐに出産のための育児休暇が必要であったとしても、手続きや引き継ぎまでが行えるので時期としても決して遅くなくじゅうぶんな時期であると言えます。

そのようなある程度決まってからの報告であれば、式の後の話し合いはもちろん来賓の挨拶や乾杯の音頭を上司に依頼する際にはそのこととも伝えてお願いもできるのです。
ですから式の半年前から最悪の場合、3ヶ月前でには結婚報告を済ませることが重要です。

結婚報告の際の注意点

結婚報告をする際には必ず順番に気をつけます。
特に上司には自分の口から報告しなければ失礼にあたりますから最初に直属の上司への報告をするようにします。

会社の上司、職場の同僚、友人というのが基本的な流れです。
たまに親しい友人には先に伝えてしまうケースもありますが、万が一それで周囲に広まってしまうと思ってもいないタイミングで他の人へと噂話で伝わってしまう可能性があります。
特に今はSNSがあり、意外な人とが繋がっているケースも多くありますから注意しないと先に伝えたつもりが上司にはなぜか伝わっていたというようなトラブルが起きる可能性もあります。

直属の上司への報告が済めば、社内の他の人たちへの報告についても指示があります。
一斉に朝礼の場で伝えることもありますし、一人ずつに伝えることもあります。
上司からの指示に応じて社内の他の人たちへは報告を進めていきます。

このように正しく段階を踏んでいけば結婚の報告をする際にトラブルを回避できることが多くあります。
大事な結婚の報告だからこそ、少しでも周囲に気持ちよく報告できるよう細心の注意を払って行うことが重要なのです。