結婚式での気配り

将来的に自分が結婚することを考えると結婚式という大切な場面に参列してくれた方々に気配りをするのはとても大切です。
結婚式に参列してもらうには、こちらが呼んであげるのではなく参列していただく立場になりますから、この基本を忘れてはなりません。

お色直しの時間を含めてゲストの方々が暇に感じたりすることがないように前もって入念な打ち合わせを行っておきましょう。
特にお色直しの時間帯はゲストの方々がお手洗いに出かけたり、新郎新婦はまだかと心待ちにしていたりするので、ここでの気配りが非常に大切です。

例えば、お手洗いにはゲストの方への感謝の気持ちを述べたメモを貼っておくなども喜ばれる演出となります。
こうした部分で気配りができるのはなかなか重要なポイントだと思いませんか?

お色直しの時間を有効活用して気配り

お色直しで自分たちが会場をあとにしている間、ゲストの方々に自由気ままに過ごしてもらうのも良いですが、この時間帯に仕込みをして、ゲストの方を喜ばせてみてはいかがでしょう。
事前にいくつかのプレゼントを準備し、一人ひとりのゲストの方にお色直しの時間帯を使って会場のスタッフからカードを配ってもらいます。

このカードには、あらかじめいくつかのマークを記入しておき、お色直しから戻った後はマークに合わせてゲストの方々に対しての感謝の気持ちを込めた簡単なプレゼントを手渡してみてはいかがでしょうか?
このタイミングのあとにキャンドルサービスの時間含め、プレゼントを手渡すだけでも非常に温かみを感じる気配りとなります。

食事内容もさりげない気配りを

結婚式ではゲストの方々に食事を提供することになりますが、ここでもゲストの方の好みなどに合わせてお料理の内容を変えたり、食べやすく工夫をしてもらうと良いでしょう。
小さなお子様なども参列してくれる場合にはお子様の好みを前持って確認し、お子様専用のメニューではなく、大人と同じようなメニューで食べやすい大きさにカットしてもらえばお子様はとても喜んでくれるでしょう。

近年ではメイン料理を選ぶことのできるプランなどもありますが、このようなプランだけではなく、自分たちで考えた気配りを行うことで言葉にしない部分での感謝を伝えることができます。
参列してくださるゲストの方々が少しでも気分よく過ごしていただけるように、できる限りの気配りを行いましょう。

もちろんそのためには会場スタッフの協力も必要ですので、事前の打ち合わせにはたっぷり時間を割き、最高の結婚式に出来るようにしましょう。
また、引き出物などにも手書きの手紙をこっそり忍ばせておくと、このような部分でも気配りのできる新郎新婦だと言ったイメージを与えることができます